降圧剤の効果は?

病院で高血圧と診断された場合に、ほぼ必ずといっても良いほど処方される薬が「降圧剤」と呼ばれる薬です。降圧剤は、その名称の通り血圧を下げる効果があり、高血圧症の人は正常な範囲に戻りますが、血圧に問題が無い人が飲むと低血圧になる場合があります。
降圧剤にはいくつかの種類があり、血圧を下げる効果が得られるまでのプロセスも当然のことながら各種類で異なります。
例えば、カルシウム拮抗薬は、細くなった血管を拡張させることによって血圧を下げるよう作用します。血圧は血管が細くなると上昇しやすくなりますが、血管が細くなるのは動脈の血管壁の内部にある平滑筋細胞が収縮することが原因です。この平滑筋細胞の収縮は、カルシウムイオンが平滑筋細胞内に流れ込むことによって起こると考えられており、カルシウム拮抗薬を体内に投与することによって、カルシウムイオンの働きを阻害して平滑筋細胞がそれ以上縮まないようにします。
血圧を上昇させる原因となっている物質にはカルシウムイオン以外にも、アンジオテンシンIIと呼ばれる生理活性物質があります。この物質は体内にある受容体と結合することによって、血管の収縮作用と血圧の上昇作用をもたらします。高血圧の患者に対する治療では、アンジオテンシンIIが生成されるもととなっている変換酵素を阻害するか、受容体との結合を阻害するかのいずれかの方法で血圧の上昇を抑える治療がよく行われています。前者の薬はACE阻害薬、後者の薬はアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれています。
血圧の上昇は、血管の収縮だけでなく、血液中に含まれる水分が過剰になることによっても起こります。この場合は、利尿薬を投与して尿の排出量を増やして、水分の量を減らします。利尿薬には様々な種類がありますが、降圧剤として使用されることが多いのは、ナトリウムの排泄を促進する薬で、ナトリウムの水を引き込む働きを利用して、ナトリウムと一緒に水分を排出させます。
降圧剤には高血圧の患者にとっては良い効果になる一方で作用が強い薬が多いため、悪い効果、つまり副作用も出やすいです。例えば、カルシウム拮抗薬は頭痛や動悸、むくみなどといった副作用があり、アンジオテンシンII受容体拮抗薬には空咳や血管浮腫、間質性肺炎、高カリウム血症などといった副作用があります。血圧を下げる薬は全て処方せん医薬品であるため、医師や薬剤師の指導を受け、用法・用量を守っている限り副作用が出るおそれはほとんどありませんが、薬を服用する際はどんな副作用があるのかは把握しておく必要があるでしょう。
▼降圧剤の参考サイト
ノルバスク 副作用
▼高血圧治療薬を欲してる方には
ミカルディスを大切な人のために
アダラート

ページトップへ